A    B    O    U    T



1996年、ヴォーカル渡辺愛子

Chikako Watanabe 渡辺愛子
(Chikako Watanabe)

Chikako Watanabe 渡辺愛子
、ギター&プロデュース田丸恵男

Shigeo Tamaru 田丸恵男
(Shigeo Tamaru)

Shigeo Tamaru 田丸恵男
結成

NaNa, Chikako Watanabe and Shigeo Tamaru 渡辺愛子 田丸恵男
。97年、坂本龍一氏
教授
還暦おめでとうございます
に送ったメールがきっかけで坂本氏のラジオ番組への出演のオファーを受ける。 この時にメンバーが制作した「RED」

NaNaデビューシングル 「RED」 グートバウンス
01. RED/ 02. SONG 5/ 03. Light Perfect/ 04. JUDY
で当時坂本氏がレーベルオーナーのグートバウンスよりデビュー。 このシングル「RED」は東京首都圏、渋谷、新宿などの タワーレコード
タワーレコード店頭。
のインディーズ・チャートで一位を獲得。ジャケットカバー・アートワークは中島英樹氏によるものである。 98年、フォーライフと契約、シングル「Super Star」

メジャー盤ファーストシングル 「Super Star」 グート/フォーライフ
アルバム「VOID」にもに収録の「Super Star」カップリングの「Pina-Colada」。アルバムヴァージョンはスターリング・サウンドのテッド.ジェンセンによるものだが、このシングルに収録された両バージョンのマスタリングはロンドン、メトロポリス・マスタリングのマイルス・ショウエルによるもの
01. Superstar/ 02. Pina-Colada
,「Snake Girl」

セカンドシングル 「Snake Girl」 グート/フォーライフ
01. Snake Girl/ 02. Silent scream under the moon light
99年、アルバム「VOID」

NaNa ファーストアルバム 「VOID」 グート/フォーライフ
01. Set or Reset/ 02. Pina-Colada/ 03. Super Star/ 04. RED/ 05. Snake Girl/ 06. Non Knock Noise/ 07. S/ 08. SONG 5/ 09. Sky Coda/ 10. Silent scream under the moon light
を発表。 この両シングル、ファーストアルバムのレコーディング〜ミックスダウン〜マスタリングの制作は東京-ロンドン-ニューヨークで行われ、 ミックスダウンにはロンドンのエンジニア、Clive Goddard氏

ミックスダウン中のクライブ・ゴダード氏。ロンドンのRAKスタジオにて
、マスタリングにはニューヨークのエンジニア、Ted Jensen氏

テッド氏の作業風景。ニューヨークのスターリング・サウンドにて
を迎え、話題を呼んだ。 99年から2001年まではライブ活動、イベント、アロハ・フェスティバルに出演。ファースト・ライブ

ファーストライブの模様。赤坂ブリッツにて
は英バンドSuedeの日本公演の前座だった。 2002年、ワーナーミュージックに移籍、シングル「S」

サードシングル 「S」 / ワーナーミュージックジャパン
マスタリングはニューヨーク、マスターディスクのハウィー・ウェインバーグ。
01. S/ 02. Sky Coda/ 03. Super Star.
3曲ともVOIDに収録されている別テイクが聴ける
、セカンドアルバム「Imaginary Man」

NaNaセカンドアルバム 「Imaginary man」 ワーナーミュージックジャパン
01. The Blue Bird/ 02. Anonymous Letter/ 03. Primrose Path/ 04. IV silence/ 05. C-357/ 06. Cyberface Run/ 07. Child's Play/ 08. Mother/ 09. The cry of the wandering spirit/ 10. JUDY/ 11. Iris/ 12. Acacia
を発表。前作同様、レコーディング-ミックスダウン-マスタリングの行程は東京

東京でのレコーディング作業はほとんどが長島賢史氏と田丸恵男自身により行われる。また、長島氏はファーストシングル「RED」のミックスダウンも行った。
-ロンドン

"Imaginary man"のミックスダウン中のクライブ・ゴダード氏。ストロングルームにて。
-ニューヨーク

テッド氏と田丸恵男。「Imaginary man」のマスタリングで。スターリングサウンドにて。
で行われた。 2006〜2007年、ファーストとセカンドの両アルバム「VOID」







"VOID"
at iTunes










「Imaginary Man」







"Imaginary Man"
at iTunes










がiTunesより世界配信される。これは、フォーライフ、ワーナー両レーベルがiTunesとまだ契約前の出来事であり当時としては異例だった。 同時期、2007年より海外FMで楽曲のオンエアーが増え始め、米国と英国を中心に、ローカル

米国ニュージャージーの「ホームグロウン・ラジオNJ」のDJ シェールさん。2007年からNaNaの楽曲を自身の番組「シェール・デライト」でプレイしている。ファーストアルバム"VOID"は番組内でベストアルバムのひとつに選出された



米国アラスカ州ジュノーの「エクセレント・ラジオ」のDJ アンディ・クラインさん。同ラジオ局のミュージック・ディレクターでもある氏は自身の番組「ライズン・クライン」との他の番組でも多数NaNaの楽曲をプレイしている。
米サテライトラジオ

リスナーは常時500万人といわれる米国ニューヨーク州シリウス・サテライト・ラジオのホスト、ジェイ・トーマス氏。彼のトークショー「ザ・ジェイ・トーマス・ショー」でもNaNaはオンエアを受けている。
BBC

BBCロンドン、BBC3カウンティラジオのDJリツさん。BBCロンドンの世界的に有名な彼女の番組「ア・ワールド・イン・ロンドン」でもNaNaの楽曲はオンエアされた。また彼女は震災時に日本のリスナーの為にアップしたクラウドキャストでもNaNaをプレイしている。



UKパンクシーンの重鎮ドン・レッツ氏。BBC 6Musicの氏の番組「カルチャー・クラッシュ・ラジオ」でもNaNaはプレイされた。
などさまざまなラジオ・ステーション
NaNaはたくさんのDJ、ステーションの方々のサポートを受けてきました。ありがとうございます。

Home Grown Radio NJ (ニュージャージー、アメリカ)
excellent radio KXLL 100.7FM (ジュノー・アラスカ、アメリカ)
BBC London 94.9FM (ロンドン、イギリス)
BBC 6 Music (ロンドン、イギリス)
BBC Asian Network (ロンドン、イギリス)
Rare FM 87.7 (ロンドン、イギリス)
River Gibbs FM (ロンドン、イギリス)
ArFM (ロンドン&バーミンガム、イギリス)
Phoenix 98FM (エセックス、イギリス)
Radio Satan 666 (ブリストル、イギリス)
BBC Radio Bristol 94.9FM (ブリストル、イギリス)
BCfm 93.2 (ブリストル、イギリス)
Express FM 93.7 (ハンプシャー、イギリス)
Hope FM 90.1 (ドーセット、イギリス)
Mod Radio UK (スコットランド、イギリス)
Real Hit Radio (アバディーン&シェーフィールド、イギリス)
SeasideFM (イーストヨークシャー、イギリス)
103.2 Dublin City FM (ダブリン、アイルランド)
Phantom 105.2FM (ダブリン、アイルランド)
Centraal 105.7FM (ノースブラバント, オランダ)
Gymradio 94.5FM 102.2FM (ニーダーエスターライヒ、オーストリア)
Radio Ypsilon 94.5FM (ニーダーエスターライヒ、オーストリア)
Freies Radio Salzkammergut 100.2 - 107 (バート・イシュル、オーストリア)
Pirate 91.0FM (ヒオス島、ギリシャ)
Radio Liberte 96.1 (リブラック、フランス)
RUC107.9FM (コインブラ、ポルトガル)
Sirius XM Radio (ニューヨーク&ロサンゼルス、アメリカ)
WEXT 97.7 FM (ニューヨーク、アメリカ)
East Village Radio (ニューヨーク、アメリカ)
WDYN 100.1 FM (ニューヨーク、アメリカ)
WVCR 88.3FM (ニューヨーク、アメリカ)
Party934 Radio/102.5FM (ニューヨーク、アメリカ)
WRIU 90.3FM (ローズアイランド、アメリカ)
WMPG 90.9FM & 104.1FM (ポートアイランド・メーン、アメリカ)
WRBC 91.5 FM (メーン、アメリカ)
WMFO 91.5 FM (マサチューセッツ、アメリカ)
WDIY 88.1 (ペンシルヴァニア、アメリカ)
WMUH 91.7 FM (アレンタウン・ペンシルヴァニア、アメリカ)
91.3FM WVUD (デラウェア、アメリカ)
WUOG 90.5 FM (ジョージア、アメリカ)
WKNC 88.1 FM (ノースカロライナ、アメリカ)
Radio Metal Storm 87.9 FM (コネチカット、アメリカ)
WMNF 88.5 FM (フロリダ、アメリカ)
WFLM Radio (フロリダ、アメリカ)
J.A.A.P. RADIO (フロリダ、アメリカ)
WGLF-FM,GULF104.1(フロリダ&ジョージア&アラバマ、アメリカ)
WAIF 88.3 FM (シンシナティ・オハイオ、アメリカ)
UIC Radio (シカゴ・イリノイ、アメリカ)
WQNA 88.3 FM (スプリングフィールド・イリノイ、アメリカ)
WHYS Radio 96.3 FM (ウィスコンシン、アメリカ)
KFAI FM 90.3 (ミネアポリス・ミネソタ、アメリカ)
KDHX FM88.1 (セントルイス・ミズーリ、アメリカ)
WXOU Radio 88.3 FM (ミシガン、アメリカ)
The Rocket 104.7 FM (オクラホマ、アメリカ)
KSCL 91.3FM (ルイジアナ、アメリカ)
KWTF THE EDGE (テキサス、アメリカ)
El Paso Community College Radio (エルパソ・テキサス、アメリカ)
KAOS 89.3FM (オリンピア・ワシントン、アメリカ)
KUCI 88.9FM (オレンジカウンティ・カリフォルニア、アメリカ)
KUCR 88.3FM (リバーサイド・カリフォルニア、アメリカ)
Little Radio (ロサンゼルス・カリフォルニア、アメリカ)
LA Talk Radio (ロサンゼルス・カリフォルニア、アメリカ)
Manao Radio 91.5FM (ハワイ、アメリカ)
KTUH 90.3FM (ホノルル・ハワイ、アメリカ)
CFUR 88.7 FM (ブリティッシュ・コロンビア、カナダ)
CKLN 88.1 FM (トロント、カナダ)
CIUT 89.5FM (トロント、カナダ)
Rock Nation Radio (オーストラリア)
Radio Active 89FM (ウェリントン、ニュージーランド)
Roundeye Radio (東京、日本)
J-Wave 81.3FM (東京、日本)
76.1 InterFM (東京、日本)
FM yokohama 84.7 (横浜、日本)
FM802 (大阪、日本)
82.5 FM North Wave (札幌、日本)
のオンエアーを獲得。世界各国で楽曲が聴かれるようになる。 2011年2月には米音楽誌ビルボード・マガジン

米国誌ビルボード・マガジン。13週にわたりランク・イン。初登場49位、最高位は12位。
に初チャート・イン。 Unchartedチャートに13週に渡りランクインされ初登場49位、最高位は12位を記録。 2011年度12月末のBillboard年間チャート

年間チャート(イヤー・エンド・チャート)で41位にランキングされる。
(The Best of 2011)でも41位にランク・インした。また、ブラジルのビルボードでもチャート・インを果たしている。2012年夏、セルフリリースによるシングル 「RIDE」

"RIDE" / ワンドット.レコーズ
Track01. RIDE/ Track02. Hey Boy 2012年8月31日発売
をプライベートレーベル、One Dot Recordsより発表。2013年1月には「Unbelievable World」

ニューシングル "Unbelievable World" / ワーナーミュージックジャパン
Track01. Unbelievable World/ Track02. Tokyo, Slow down 2013年2月13日発売
をワーナーミュージックジャパンよりリリースする。両シングル共に米ビルボードのインディペンデント・アーティストのチャートにランキングされた事を受けて制作された作品で、以前からのNaNaのスタイルに加え、ElectronicaやAmbient, Indie Rockの影響も受けた新しい「ヴィジョナル・ロック」を聴く事が出来る。同年3月、2002年にリリースした2nd「Imaginary Man」

"Imaginary man (Bonus Track Version)" / ワーナーミュージックジャパン
Track01. The Blue Bird/ Track02. Anonymous Letter/ Track03. Primrose Path/ Track04. IV silence/ Track05. C-357/ Track06. Cyberface Run/ Track07. Child's Play/ Track08. Mother/ Track09. The cry of the wandering spirit/ Track10. JUDY/ Track11. Iris/ Track12. Acacia/ Track13. The Plain Jane 2013年3月13日発売
をワーナーミュージックジャパンより再リリース。オリジナルの12曲に加え、2002年当時のアウト・トラック"The Plain Jane"を新たに追加収録したボーナス・エディション・アルバムとして発表した。同年6月、メンバーの田丸恵男(Shigeo Tamaru)のSolo活動としてシングル・トラック「MONO」を、One Dot Recordsより発表。2015年にはシングル「On the Road」「Orange Day」「Perhaps It's Better」「Burning Man」と4作品のシングルを発表する。これらのシングルは米国最大のJazzポータルサイト、Jazzcornerで絶賛された。同2015年10月に入り、ワーナーミュージックジャパンより2013年にリリースされたシングル「Unbelievable World」に収録の楽曲「Tokyo, Slow Down」が米国パブリック・ラジオの人気番組で紹介される。同楽曲は後の6ヶ月間で、全米のFMステーション100局以上で計500回に及ぶオンエアを獲得している。翌2016年3月、新作EP「Remember Me」をワーナーミュージックジャパンより発表。タイトルチューンのリミックス、ギターバージョンなども収録され、さらなるNaNaの新しい世界を聴く事ができる。


English
Japanese
-> Back to TOP